リフォームのきっかけづくり|住みやすい空間づくりのお手伝い

快適な空間

知っておきたい知識について

最近ではリフォームする人が増えました。いざリフォームを考えるようになると、思い切って新築にするか、リフォームにするか迷う人も多いと思います。ここではリフォームと新築の双方のメリットやデメリットを書いていきたいと思います。 まず新築のメリットです。新築の場合は間取りに制約がないため自由に設計することが可能です。また床下や屋根裏などの目に見えない部分の構造も新しいため安心できるというメリットがあります。理想に近い住宅を手に入れることが容易です。デメリットとしては建て直しの場合は、思い出のある住宅を解体する必要が出てきます。家族の絆が強い人ほど解体はやりたくないという人が多いのも事実です。また工期が長くなったり、建築費用が高くなりがちだというデメリットがあります。

リフォームのメリットとデメリット

続いてリフォームのメリットとしては、思い出のある住宅を解体しなくてすむという事です。特に家族に高齢者がいる場合は、住宅で過ごした思い出も多く、いざ解体の時には予想以上に悲しいものです。また新築工事に比べると工期が短くできるというメリットがあります。住みながらリフォームできる場合には仮住まいや引越しをする必要性がないため、その分安く費用を抑えられます。 その他にも新築では最低限必要になってくる建材もリフォームならば、必要な部分と必要でない部分を自分で選択できるため、費用の管理をしやすいというメリットがあります。デメリットとしては、目に見えない部分の構造を新しくするのが難しい事があげられます。 新築、リフォーム、それぞれのメリットデメリットを知ってリフォームを行うことが肝心です。